奥美濃古地鶏普及推進協議会

規約

規約

奥美濃古地鶏普及推進協議会規約
(名称)

 

第1条 この会は、奥美濃古地鶏普及推進協議会という。

 

(事務局)
第2条 この会の事務局は全農岐阜県本部内に置く。また、事業の一部 
    を協同会社に委託することができる。

 

(定義)
第3条 奥美濃古地鶏とは、岐阜県が開発した実用鶏で別に定める方法
    により生産されたものをいう。

 

(目的)
第4条 この会は、奥美濃古地鶏の生産供給体制を確立して、その普及を
    推進し、併せて養鶏経営の安定に資することを目的とする。

 

(事業)
第5条 この会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
     (1) 奥美濃古地鶏の生産供給体制の確立に関すること
     (2) 奥美濃古地鶏普及宣伝に関すること
     (3) 会員相互の連絡調整に関すること
     (4) 全農の持っている商標「奥美濃古地鶏」の事務の代行に関すること
     (5) その他この会の目的の達成に必要なこと

 

(会員)
第6条 次に掲げる者は会員になることができる。
      (1) 奥美濃古地鶏の生産から流通に至る関係団体
      (2) その他会の目的に賛同する者

 

(入会)
第7条 この会の会員になろうとする者は、入会届を会の代表者に提出し、
    会の承認を得なければならない。

 

(退会)
第8条 この会を退会しようとする者は、理由を付して会長に退会届を
    提出しなければならない。

 

(除名)
第9条 会員が次の各号の一つに該当するときは、会の議決を経て、
    会長がこれを除名することができる。
      (1) この会の負担金を滞納したとき
      (2) この会の名誉を傷つけ、又はこの会の規約に反する行為が  
       あったとき

 

(資格喪失)
第10条 会員は、退会及び除名によりその資格を喪失する。

 

(経費)
第11条 この会の行う業務及び事務に関する経費は、会員が会の議決を 
    経て別に定めるところにより、納付する負担金及びその他の収入 
    をもって充てるものとする。
     既納の会費は、原則として返納しない。

 

(役員)
第12条 この会に会長1名、副会長及び監事若干名を置く。
      (1) 会長は、会員の互選によって定めるものとし、副会長、監事 
        は会長が指名する。
      (2) 会長は、会務を総括し、会を代表する。
      (3) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を
        代行する
      (4) 監事は、会務を監査する。
      (5) 役員の任期は2年とする。ただし、再選を妨げない。
      (6) 補欠により、選任された役員の任期は、前任者の残任期間
        とする。

 

(会議)
第13条 この会の会議は、総会、役員会とする。

 

     1.総会は会員で構成し、次の議決を行う。
       (1) 規約の制定及び改廃
       (2) 事業計画、収支予算案及び負担金徴収方法
       (3) 事業報告、収支決算
       (4) 役員の選任
       (5) その他会長が必要と認める事項

 

     2.役員会は、次の事項の議決を行う。
       (1) 入会及び除名の承認
       (2) その他会長が必要と認める事項

 

      3.総会、役員会の議長は会長があたる。

 

      4.総会、役員会は現在数の3分の2以上出席しなければ、
       議事を開き議決することができない。ただし、当該事項に
       ついて書面をもってあらかじめ意思表示したものは出席とみなす。

 

      5.総会、役員会は出席者の過半数をもって決し、可否同数の
       場合は議長の決するところによる。

 

(幹事)
第14条 会長は会の円滑な運営のための構成団体の推薦する者を
    幹事に委嘱し、幹事会を設置することができる。

 

(部会)
第15条 会長は、会の円滑な運営のため奥美濃古地鶏肉用型および
    卵用型に関わる専門部会を設置することができる。

 

 

(会計年度)
第16条 この会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

 

    付 則 
       この規約は、平成 4年7月17日から施行する
             平成 7年6月26日一部改正
             平成11年8月 6日一部改正
             平成13年7月16日一部改正
             平成17年7月11日一部改正
             平成20年6月19日一部改正 .

 

 

      規約第3条の別に定める生産方法は、次のとおりとする。

 

1 鶏肉

 

     ・奥美濃古地鶏普及推進協議会が定める「地鶏肉生産規程」に基づき生産され、
    かつ確認された、もしくはそれと同等の生産工程の管理により生産されたことが
     確認された奥美濃古地鶏肉用鶏の鶏肉であること

 

 

2 鶏卵

 

      ・畜産研究所養鶏研究部で生産された奥美濃古地鶏卵用鶏から
       生産された鶏卵であること。
      (自家増殖された鶏の卵は奥美濃古地鶏の鶏卵とは認めない)

 

 

 

 

【参考資料】