奥美濃古地鶏普及推進協議会

奥美濃古地鶏の特徴

 

 

 

◆奥美濃古地鶏(肉用鶏)◆

 

 

奥美濃古地鶏普及推進協議会では、特定JASに準じた適切な生産管理を行っている生産者のみを「奥美濃古地鶏肉生産者」として認定しています。また、認定した生産者に対しては、定期的に調査を行い、品質の維持管理に努めています

 

<管理基準>
1.奥美濃古地鶏(肉用種)の雛を導入
2.平飼い飼育(28日齢以降)
3.飼育密度は1uあたり10羽以下(28日齢以降
4.ふ化日から75日以上飼育
5.飼育段階から商品になるまでの適切な分別管理

 

<肉の特徴>
1.赤みを帯びた歯ごたえの良い肉質
2.コクのある旨み
 
 

 

トップページへ

 

◆奥美濃古地鶏(卵用鶏)◆

 

<基準>
1.岐阜県畜産研究所で生産された奥美濃古地鶏(卵用種)から採れた卵
2.自家増殖した鶏の卵は奥美濃古地鶏の卵とは認めない

 

<卵の特徴>
1.卵黄の比率が高く、濃厚な口当たり
2.コクのある、昔懐かしい卵の味
 
 


ホーム RSS購読 サイトマップ
奥美濃古地鶏の由来 奥美濃古地鶏の特徴 指定店ガイド 奥美濃古地鶏レシピ集 協議会について